ブログ

デイキャンプに行ってきました。レポ③料理編

デイキャンプレポを①テント設営編、②調理道具編と書いてきましたが、

レポ③回目の今回は料理編をご紹介いたします!

 

本日のデイキャンプメニュー

■小籠包

■よだれ鶏

■シェンドウジャン(豆乳スープ)~中華揚げパン~

■中華風ピクルス

■デザート~キャラメルコーンフレーク&いちご

デイキャンプの下準備について

前日、当日の朝、下準備をして持って行きました。こちらが下準備をした食材です。



■小籠包

包んでアルミホイルにのせ、持参しました。が、蒸しあがり後ホイルにくっついてしまったものもいくつかあったので、冷凍したものを持って行った方がきれいに蒸せたと思います。次回は冷凍を持参します!

■よだれ鶏

鶏むね肉は皮をとり、塩、酒、生姜の薄切り、長ネギの青い部分をビニールに入れてもみこみ、一晩漬け込みます。タレも合わせてビニールに入れて準備をしました。

■中華風ピクルス

お家にあるお野菜。なるべく白、黄色、赤など彩があった方がきれいです。生姜、にんにく、花椒、赤唐辛子を加えたピクルス液に野菜を一晩漬け込んでおきました。

■シェンドウジャン(豆乳スープ)

桜エビ、ザーサイなどのスープの具はみじん切りにして一人分ずつラップに包んでジップロックに入れて持参。今回一人200ml弱の豆乳を使用するので、小パックの豆乳を2個用意。

■中華揚げパン

作って冷凍していた揚げパンがあったので、自然解凍した状態で持参。

■デザート~キャラメルコーンフレーク

キャラメルのバター、砂糖、コーンフレークを計量。イチゴも洗って持参。

以上が下準備です。

 

調理の手順①(小籠包とよだれ鶏)

時間がかかる蒸し料理から作ります!!蒸し器を2個持ってきたので、時間差で同時調理をしていきます!



まずは時間がかかる鶏むねから蒸していきます。



蒸籠の蓋をして、ひとまず6分蒸します。



その後小籠包を上にのせてさらに強火で6分蒸します。

蒸し器を開ける瞬間が、いつやっても楽しい♪♪



小籠包蒸しあがり!



鶏むね肉も蒸しあがり!



蒸しあがりの目安は鶏むね肉は身の一番厚い部分を箸で割ってみて、白くなっていればOK。生っぽければ時間を追加してください。

小籠包は皮に透明感がでてくれば蒸しあがりです。

火の強さや鶏肉の大きさによっても時間がかわるので、必ず確認してくださいね!



鶏むね肉はスライスしてたれをかけて出来上がり!!

調理の手順②(シェンドウジャン)

蒸している間に、スープを作っていきます。

豆乳を沸騰させない程度にあたためます。



その間に具をスープカップに入れます!

こちらのカップはセリアで買った使い捨てスープカップ

こちらに桜エビ、ザーサイを入れます。



醤油、ごま油、お酢を加えて豆乳をざっと入れたら出来上がり。



最後にトッピングでネギと辣油を回しかけます。

スープにつける中華揚げパン。たき火でアルミホイルに包んでちょっと温めなおしたかったのですが、まだたき火をしていなかったので、フライパンで軽く焼きました。



フライパンが小さかったので、パンちょっと切ってます(笑)。

こちらで調理完成!

キャンプごはん盛り付け

最後に盛り付け!!

今回こちらの仕切り皿にワンプレートで盛り付け、別に用意してあったプラスチックの丸いお皿によだれ鶏を盛り付けました。真ん中の小皿は小籠包用の黒酢入れです。



プレートは手前が広く、奥が2種類盛り付けられるお皿ですが、スープとパンを盛り付けたいので、逆さまにおいて盛り付けました。



手前によだれ鶏とピクルス、奥にスープを置き、空いているすき間に揚げパンを載せました。

よだれ鶏には万能ねぎと糸唐辛子を添えています!

そして、かさばるけどやっぱり蒸籠は持って行ってよかったです!

見た目ってやっぱり大事!!

今回料理教室でも使っていたランチョンマットも敷いて完成です。

お茶はジャスミン茶のティーバックを持ってきていたので、温かいお茶でランチタイムとなりました!!

少し肌寒かったので、温かいスープはやっぱりあると嬉しいですね!

 

デザートのキャラメルコーンフレークはレポ④に続きます。

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`fc2` not found]